化粧水は無添加の物を選んで刺激を減らそう【刺激のヴェール】

乾燥の特効薬

肌に優しいスキンケアをしよう

季節の変わり目や、生理前などにニキビが出来やすい方、乾燥して痒みを感じる方は、敏感肌になっている可能性があります。 敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態なので、外部からの刺激にとても敏感で、肌が荒れやすい状態です。 肌の細胞に含まれている、セラミドが減少しているのかもしれません。 セラミドは、赤ちゃんの肌にたっぷりと含まれている成分ですが、年齢を重ねるうちに自然と減少していくものです。 肌が敏感になっていると感じたら、敏感肌用の化粧水を使って、肌の潤いを取り戻しましょう。化粧品の中には、無添加で界面活性剤が含まれていない、肌に優しいスキンケアもあります。 また美白効果のある化粧水や、皮脂過剰をケアする化粧水など、種類は豊富にあります。

セラミド化粧水を使おう

敏感肌はバリア機能が低下している状態の為、普通の肌の人よりも優しく刺激を与えないように洗顔をする必要があります。現在は敏感肌用の洗顔クリームも多数販売されています。 それらを使って、きめ細かい泡を使って、くるくる優しくマッサージするように洗ってください。 その後に、化粧水をたっぷりとハンドプレスしましょう。 毎日続けることで、肌にセラミドが吸収され、肌が柔らかくなっていくことを実感してもらえると思います。 肌のターンオーバーが正常になれば、バリア機能が高まり、だんだんと肌が荒れにくくなっていきます。 水分と油分が良いバランスで含まれている状態であれば、潤いと透明感に満ちたお肌を維持していけると思います。